ポイテク。

クレカなどで得られる色々なポイント活用術を探求&配信しています♪

6ヶ月間続けてみて実感したマクロミルが稼げる理由

f:id:taka-poitech:20191116102252j:plain


皆さん、ポイ活してますか!?

ポイントがあればなんでもできる。

迷わず行けよ。行けばわかるさ。

ありがとぉーーー!!!!!


…はい、とくになんのオチもないのでこの辺にしときましょう。

さて、ブログ開始第2回目となる今回は、アンケートサイト「マクロミル」についてご紹介したいと思います。

アンケートサイトというのはその名のとおり、アンケートに答えることでポイントをもらい現金や商品に換えることのできるサイトでして、マクロミルはその中でもかなりの大手で既にご存知の方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、「アンケートに答えるだけで本当にお金になるの?」、「なんだか胡散臭くて手が出せない…」といった声も少なからずネット上などで見られるのも事実です。

ですので今日は、僕自身が実際にマクロミルを半年以上続けてみて得た感想を交え、出来る限り分かりやすく説明していきたいと思います。

ちなみに僕はこの半年ほどで平均して月に2500円分ほどのポイントを獲得済み。

けして高額ではないかもしれませんが、隙間時間を利用してのお小遣い稼ぎにはうってつけだと実感しました。

うまくポイントを貯めるちょっとしたコツなども書いていきたいと思ってますので、最後までご覧くださいませ。

それでは、よろしくお願いします!

 

マクロミルとは

株式会社マクロミルは2000年の創業からすでに20年近い歴史を持っており、資本金は600億円を越え、日本経済団体連合会(経団連)にも加盟している紛れもない一流企業。
東証一部にも上場しています。

会員数が300万人以上という点を見ても、顧客満足度の高さが窺えます(単純計算でも日本の40人に1人!)。

そもそも、アンケートに答えることでなぜ報酬がもらえるのか

多くの企業にとって、消費者がどんな製品を欲しているのか、また既存の製品に対してどんな感想を抱いているのか、という情報は喉から手が出るほど欲しいもの。

ですがそれを個別に調査するにはどうしてもコストや手間が掛かってしまいます。

そこでマクロミルのようなマーケティング会社の価値が生まれます。

地道でなかなか目に見える成果の生まれにくい作業の一部を委託することで、メーカーは本業に専念できるのですから、「マクロミルが儲ける構図」というのは非常に理にかなっているといえるのではないでしょうか。


そしてその「枝葉」となるアンケート回答者に正当な報酬が支払われることも、当然のことですよね。

多くの企業が情報を求めている、それを代わりに収集する企業がある、そして情報を提供する人たちがいる。

これがアンケートによって利益が発生する構造です。

けして雲を掴むような、眉唾な話ではないことが、ご理解いただけたでしょうか。

それでもまだ不安要素を挙げるとすれば、個人情報漏洩の問題でしょうかね…。

個人情報について

はっきり申しまして、この点に関しては僕としてもノーコメントです(笑)

というのも、言うまでもなく僕はマクロミルで働いたこともないので内情など知る由もありませんし、その他のIT企業等が情報漏洩したというニュースを目にしたこともつい最近もありましたから、「マクロミルは安全だ!」とは断言できません。

ただ、あくまでも僕の個人的な考えなのですが、正直万が一僕なんかの情報が世界に流出したとして、それがなんになるのかなって気持ちで割り切っているんですよね(←悪い例)。

その辺りは本当に個人個人のリスク管理の問題だと思います。ですので、この僕のブログはいち意見として判断材料のひとつとした上で、あなたにとって後悔のない選択をしていただけたら幸いです。


とはいえ、マクロミルの情報管理に不安があるというわけではありません。

少し堅い話になりますが、そのあたりについても説明しておきますね。

マクロミルのプライバシー対策


マクロミルでは、会員の個人情報を保護するための個人情報保護方針(プライバシーポリシー)を策定・公開しています。

 (プライバシーポリシーというのは、企業が社会に対して宣言する情報取り扱いについての約束事で、政治家の公約のようなもの。

  もしもこれを破った場合、たとえ訴訟問題などに発展しなかったとしても、企業の信用の失墜は免れません。)

マクロミルのサイトによると、会員の登録情報は調査に関する連絡やプレゼントの発送などに用いられ、第三者に渡されることはないとされています。

また、情報の漏洩を防ぐためにマクロミルのサイト上では、TLS(Transport Layer Security)という暗号化された通信が用いられており、ハッキングなどに対するセキュリティが施されているとのこと。

f:id:taka-poitech:20191115145108p:plain

他にも図のように、プライバシーマークの取得や社内にセキュリティルームを設置するなど、マーケティング企業としてしっかりと情報管理に取り組む姿勢を明らかにしています。

アンケートサイトの草分けとして長い歴史を誇る要因のひとつは、こういった安全対策の徹底にあるともいえるかもしれません。

個人情報に関する不安や疑問は解消できたでしょうか?

さて、ここからは実際にマクロミルのアンケートがどのようなものかについて説明していきましょう。

マクロミルには二つのアンケートがある

マクロミルでは、主に事前アンケート本アンケートの二種類のアンケートが送られてきます。
といってもメールなどで直接送られるわけではなく、マクロミルのウェブサイトやスマホアプリにログインすれば新着のアンケートが確認できるので、任意で好きなものに回答していきます。

事前アンケート

送られてくるアンケートのほとんどはこの事前アンケートです。

質問数は3~7問程度と数分もあれば答え終わる手軽なものばかりですが、その分報酬も2~5ポイント前後と低めです。

会員登録して最初のうちは、この事前アンケートばかりしか送られてこないので、この段階で回答するのを止めてしまう人も多いのではないでしょうか。

かくいう僕自身がそうでした。

登録直後に面倒になり放置…

事前アンケートに何件も答えても、もらえるのは2ポイントや3ポイントの繰り返しではなかなかモチベーションは上がりませんよね。

気づけばまったくマクロミルのサイトに訪問することもなくなり、1年以上放置してました。

それでも今年の5月頃から本格的にポイ活を意識するようになったのを機に、すっかり忘れていたマクロミルでのアンケート回答を再開。

コツコツと地道に回答を続けた甲斐あって少しずつ本アンケートも送られてくるようになり、稼げる実感を得られるようになりました。

本アンケート

f:id:taka-poitech:20191116095427j:plain


本アンケートとは、企業が求める情報にふさわしい消費者層であることが、事前アンケートによって認められた場合に送られてくると考えてください。

例えば車メーカーが調査依頼を出すとして、運転免許を持っている人と持っていない人ではどちらに意見を聞きたいと思うでしょうか。

お酒やタバコのメーカーが未成年者にアンケートを求めたりしないですよね。

つまり、高額な報酬を支払う代わりに、より核心的な質問のできる回答者を絞り込むのが事前アンケートというわけです。

本アンケートは上述の通り事前アンケートに比べ高い報酬がもらえます。

1回答あたり10問~30問の質問に対して20ポイント~70ポイントというのが相場ですが、まれに数百ポイントを越える場合もあります。

当てれば大きい高額案件

サンプル品を試食・試用して感想を送るといったものから、インタビューや会場に集まっての座談会などのようなものもあり、後者の場合数千ポイントを越えることも珍しくないようです。

残念ながら僕は実生活に制約が生まれるのは苦手、…というか本末転倒になりかねないので、今のところこれら高額案件に参加したことはありません。

逆に言えば、純粋なアンケート回答のみでも月に数千円分のポイントは獲得可能だともいえますね。

もちろん時間や交通面などの都合が合うのであれば、こういった高額案件に参加して更に収入を上げるのもいい方法だと思います。

他の会員の方のレビューなどを見ても、高額報酬だからといって怪しい勧誘などのようなものはまったくないようです。

 

もうひとつのアンケート

 

これら事前アンケートと本アンケートの他にパートナーアンケートというものもあるのですが、それほど頻度は多くありません。

 

マクロミルが提携する他社から提供されるアンケートで、報酬は本アンケート程度のものが多い印象です。ただし報酬の成果が得られるのにひと月ぐらいかかってしまう点に注意。

 

ポイント交換について

徹底した「会員ファースト」の交換システム

僕がマクロミルが素晴らしいと思う点は、ポイントの交換方法の充実さにあります。


他のアンケートやポイントサイトでは、現金化ができなかったり手数料が取られたり、せっかくポイントを得たものの非常に使い勝手が悪いというケースが少なくありません。


しかし、マクロミルではポイントを現金に交換できる上に、交換手数料はおろか銀行への振り込み手数料も無料という太っ腹なのです!


現金化以外にもアマゾンギフト券やTポイント、仮想通貨にも交換可能といった至れり尽くせり具合で、この点でははっきり言って他のアンケートサイトは足元にも及びません

 

交換率は1ポイント=1円

現金、もしくはポイントなどに交換するには、初回は300ポイント以上、以降は500ポイント以上から(ゆうちょ銀行への振込みのみ1000ポイント以上)となっており、1ポイントは1円分として交換されます。

現金への交換申し込みは月締めとなっており月内に何度でも可能、翌月20日以降にまとめて振り込まれるようになっています。

振込み可能な銀行や、交換可能なポイントの種類などについては、マクロミルのサイトで細かく説明されていますので、そちらもご参照ください。

monitor.macromill.com


また、その他に貯まったポイントを色々な商品に交換することもできるのですが、これらは割高なものが多くちょっともったいないかなと個人的には思います。

 

筆者の交換実績

この辺で実際に僕がどのくらいマクロミルでポイントを交換できたのかを画像を載せて紹介しましょう。

f:id:taka-poitech:20191115192056p:plain

(2019/11/15)


ご覧のとおり、会員登録してからは丸二年ですが、実質的な活動は半年と半月といったところ。

先月までに交換(申請中込み)した総額が〆て15500円分となっています。

もちろんこれまでに支払いが滞るなんてこともなく、無事に申請の翌月には振り込まれています。

累計のアンケート回答数が1350件に対して、累計獲得ポイントが16662ポイントですから、事前と本アンケートを合わせた単価は1件あたり約12.3円というところですね。

これが少ないと感じるかどうかは人それぞれだと思いますが、僕の感想としては十分満足しています。

アンケートのために無駄な時間を割いているのではなく、空いた時間を利用しての結果だというのが大きいですね。

 

続けるコツ

最後に、僕なりのマクロミルを続けるためのコツや、ポイントを貯める秘訣を書いてみようと思います。

 

「やらなきゃ」ではなく「やってやるか」

アンケートを回答することが、義務になったら苦痛になります。苦痛になったら投げ出したくなるのが人間です。

めんどくさいな…と思ったらやめましょう。ほかの事に時間を使ったほうがよっぽど有意義です。

 
もうひとつの継続するコツは、生活の中でルーティン化すること。


例えば朝起きてちょっと一服するついでにサイトをチェックする。もしくは好きなテレビ番組を見ながらとか、通勤の合間にとか、自分の日常に組み込むことで無理なく続けることができると思います。

手が空いたからちょっとアンケートでも答えてやるか、そのくらいの気持ちでいいんです。

 

回答には責任を。報酬=賃金です

たくさんのポイント報酬を得るためには、いかにより多くの本アンケートに答えるかが鍵だということは、すでにおわかりかと思います。


そのためには、アンケートに真摯に回答することが大切です。


量をこなすために適当に答えていると、回答に矛盾が生まれてしまいます。


そのような回答者に企業が喜んで報酬を支払うでしょうか。むしろブラックリストに入れられ事前アンケートすら回ってこなくなるかもしれません。


アンケート調査の信憑性が疑わしいとなると、マクロミル社にとっても信用問題に関わってくるからです。


報酬が発生する以上はビジネスと変わりません。アンケートの回答には誠意をもって臨みましょう。


その積み重ねが本アンケートの依頼となって返ってくるはずです。

まとめ

マクロミルは…

東証一部上場の大企業だから安心

個人情報保護にもしっかり取り組んでます

まずは事前アンケートでコツコツと

本アンケートでドカンと稼ごう

ポイント交換手数料一切無料!

回答はマイペースに正直にが稼ぐコツ

 

以上が、僕が実際にマクロミルを続けてみたレポートとなります。

 

副業といえるほど稼ぐのは難しいかもしれませんが、例え月に千円の収入でも1年間にすれば1万円以上のベースアップ。そう考えるとけして小さくはないと思います。

あなたも日々の隙間時間を利用して、お小遣いをGETしてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました!

それではご唱和ください。

1、

2、

3、、、



ダァーーーーーー!!!!!